設計監理実績 住宅

>> 設計監理実績ページ  >> リノベーション

 伏見区 堀詰の家

 築80年ほどの長屋の改装工事です。一段下がった台所に、屋外のトイレ。大正年間の建物と思われます。
 ローコストでの改装工事ということで、建物自体の歪みはそのままにし、内部での歪み調整という方法で工事を進めました。1階の床組みは全て新しくし、基礎も補強しています。
 「古いものの中に新しい空間を造る」というコンセプトの下、味わいのある玄関や階段はそのままの形で残し、対面キッチン、水周りを新しく作っています。キッチンは、オリジナルで製作し、使い勝手を考慮したL型を採用しています。

改装後の様子:オリジナルのキッチン。
改装後の様子:古い式台を残した玄関。
改装後の様子:開放的で明るい2階。

 壁面は和紙クロスを張り、床は合板フローリングとし、コストの調整を行っています。建具や建具枠は一般的には使用されないシナベニヤを使用し、ローコストの中にもオリジナルあふれる内装デザインを心がけました。
 限られた空間の中で窮屈間を感じないよう、収納の建具には、ファブリックカーテンを用い、動きのある圧迫感のないインテリアに仕上げています。
 限られた予算と、限られた空間の中で、できる限り既製品を使わない、オリジナルを製作するという気合と設計デザインの工夫を凝らして実現した、築80年の建物の改装工事です。

改装後の様子:古い階段を残したホール。
改装後の様子:対面キッチンのLDK。
ページの一番上へ