ライブスコープデザインの紹介

>> その1  >> その2  >> その3

 Live Scope Design ライブスコープデザインのしごと

 
1.現場調査+プレゼンテーション

お客様のお考え、想いをお聞きし、プレゼンテーションを行います。

 お客様のお考え、想いをお聞きした上で、現況調査、法的調査を行い、その上で、「人の流れ」や「作業導線」を考え、デザインを紙面一杯に落とし込みます。
初期的なイメージや、デザインイメージなども作成し、お客様と私たちとのイメージ共有を計りながら、説明もしっかりとしていきます。

イメージの共有が出来る資料を作ります。

設計のコンセプトがわかりやすい資料を作ります。

ページの一番上へ
 
2.実 施 設 計

実際に工事が出来る綿密な図面を作成します。

 お互いの想いの共有と実際の空間づくりがまとまってきましたら、実際に工事にかかることが出来る細かい部分の設計にかかります。
 照明器具のプランやコンセントの位置・高さの指定などもしていきます。

図面は何枚にも及び、設計の想いを紙面に投じます。

ページの一番上へ
 
3.工事予算の見積り

描いた図面をもとに、工事の金額を割り出します。

 描いた図面をもとに、工事予算を割り出します。
 単純な坪単価予算ではなく、ひとつひとつの部材についての単価を入れながら、予算を決定していきます。
ページの一番上へ
 
4.工 事 着 工

いよいよ工事スタートです。

 いよいよ、実際の空間づくりにかかります。
 工事中は、工事打合せを何回も行い、設計デザインイメージ通りの空間を造っていきます。
ページの一番上へ
 
5.お引き渡しとメンテナンス

お引き渡し後のメンテナンスもお任せ下さい。

最終チェックを済まし、お引き渡しとなります。
工事竣工まで、私たちの仕事は続きます。
ページの一番上へ