FAQ

【 設計・監理の流れ 】

計画・企画関係 建築相談
法規定、条例、敷地周辺の調査
基本イメージ、コンセプトの提案
設計関係 基本プランニング
立面、断面計画
実施設計図作成
工事・監理関係 工事費の見積依頼(複数の工務店に依頼が可能)
工事請負 契約の内容確認
工事着工後 現場監理、監理報告
現場検査、法定検査の立会い
竣工検査
工事完了、引渡し内容の確認
アフターフォロー 1年点検、定期点検
ページの一番上へ
  • 【Q:01】 建築相談料は掛かるのですか?
    • ライブスコープデザインでは、建築相談料は頂いておりません。
      但し、事務所所在地(京都市)以外にお伺いする場合、交通費の実費を頂く事にしております。
  • 【Q:02】 電話やメールでの相談は無料でしょうか?
    • はい、無料で対応しております。
  • 【Q:03】 ちょっとしたリフォームなので、建築士さんに相談するかどうか?悩んでいます。
    • ズバリ、相談してみて下さい!住み慣れた、使い慣れた空間だからこその「こだわりのリフォーム」を作りあげましょう!
      ライブスコープとの提携工務店とのタイアップにより、予算をグッと抑えた、こだわりリフォームのご提案が可能です。
  • 【Q:04】 改装工事の相談なのですが、現状の図面が見当たりません。
    • ご心配いりません。実測し現状図面を作成します。
      但し、実測するのが困難な場合や、規模が大きい場合は、実測図面作成費を頂くことがあります。
      実測前にお見積させて頂きます。
      また、実測図面作成費は、後日、設計を本格的に依頼して頂くと、設計料の方からご精算させて頂きます。
  • 【Q:05】 設計料は、どのタイミングで発生するのですか?
    • 最初のご相談は、いわば「お見合い」のようなものです。
      「どんな方から・・・?」「どんな設計するのかな・・・?」期待と不安でいっぱいだと思います。
      お話をして、ご提案を見てもらい、それでは本格的に進もうか、という時から設計料が発生します。
  • 【Q:06】 設計料はいくらですか?
    • 設計・監理料は、おおまかには住宅規模で工事費の8%〜15%、店舗で10%〜20%です。
      ライブスコープデザインでは個別にお見積を致しますので、お気軽にお問合せ下さい。
  • 【Q:07】 設計事務所に依頼すると、高くつくのではないでしょうか?
    • 全くそんな事はありません!工務店に頼んでも、不動産業者に依頼しても、設計料は掛かっています。
      設計事務所に依頼されると、その部分が特化され、より明確になるという事です。
  • 【Q:08】 提案されたイメージが思っていたものと違うのですが・・・?
    • 私達は、お客様の思いをカタチにしていこうとしている事務所です。
      ですが、残念ながら、お会いして間もない頃には、そういった事が起こる事もあります。
      どうぞ、ご遠慮なくお伝え下さい。双方の意思疎通こそが良いものを作りあげる第一歩です。
  • 【Q:09】 提案の中に自分たちのイメージも取り入れてもらえるのですか?
    • もちろんです。ライブスコープデザインは、お客様とご一緒に空間作りを楽しんでいきたいと考えています。
      一方通行のデザインでは決してありません。
ページの一番上へ
設計関係
  • 【Q:01】 全体のイメージがよくわかりません。
    • 空間とは立体的なもの。それを2次元の紙面では、なかなか理解されなくて当然です。
      ライブスコープデザインでは、出来るだけパースやスケッチでイメージをお伝え出来る打合せを心掛けています。
      ご希望の場合は模型も作成し、ご納得頂くまでご説明させて頂きます。
  • 【Q:02】 仕上がりがどんな風になるのか、全然想像できません。
    • パースやスケッチと共に、実際に計画している素材のサンプルをお見せして、手触りや色目をご確認頂けるようにしています。
  • 【Q:03】 家相占いで間取りの変更するように言われたのですが・・・
    • 可能です。但し、基本設計や実施設計がある程度まで進んでいる場合、戻り分の実費をご請求させて頂く事があります。
      私達の方でも、最低限の家相(鬼門、裏鬼門)は考慮して設計しております。
      気になされる方は、くれぐれも最初の段階でご相談される事をおすすめします。
ページの一番上へ
工事・監理関係
  • 【Q:01】 親戚・知人が工務店に勤めている人がいます。工事の依頼は出来るのでしょうか?
    • 工事はお施主様、設計事務所、工務店の信頼関係があってこそ良いものが出来上がります。
      どれかひとつでも関係が薄れると、たちまち問題が発生します。
      お知り合いの工務店がおられる場合は、一度お会いさせて頂いております。
  • 【Q:02】 工事費と予算が合わない場合は、どうすれば良いでしょか?
    • 予算の範囲内で良いものを設計するように心がけておりますが、予算オーバーした場合は、価格交渉と仕様の変更をご相談し、予算に合うようにしていきます。
  • 【Q:03】 工事が安全に図面通りに進んでいるのか?不安です。
    • ほぼ毎日現場に足を運び工事監理をしております。ご安心下さい。また、工程の要所要所の検査や監理報告書も作成しております。
ページの一番上へ
工事・監理関係
  • 【Q:01】 住み始めてからの不具合はどこに言えばいいですか?
    • もちろん私達にお申し付け下さい。
      工事内容の欠陥であれば、補修の期間内であれば無償で対応します。
  • 【Q:02】 補修の無償期間とは?
    • 建物の箇所や設備等によって異なりますので、工事請負契約書に明記するようにしております。また、工事瑕疵による不具合は、即座に修繕させて頂きます。
  • 【Q:03】 施工業者が廃業した場合
    • 万一施工業者が廃業した場合は、別の業者を手配致します。また100%の保障ではありませんが、施工を依頼する段階で業者の財務内容を調査し依頼をかけております。
  • 【Q:04】 設備の使い方がわかりません
    • どんな些細なことでもご相談下さい。ご理解頂けるまでご説明致します。
ページの一番上へ