蜻蛉(せいれい)の滝 at 吉野郡川上村

seireinotaki.JPG


日本の滝シリーズ(いつの間にシリーズになったのか・・・??)。


奈良県吉野郡 川上村の蜻蛉の滝(せいれいのたき)。

落差50mの迫力と神秘・繊細さの両方を併せ持つ、すてきな滝です。


飛沫は、常に太陽を映じて虹を造っています。



「蜻蛉の滝」という名前の由来は、21代天皇 雄略天皇の行幸と由来があるとか。


他にも、南北朝時代の、南朝と関わり深いこの辺り。


都からは遠く奥深い森林の 吉野川源流の村で、古代のロマンに感じ入る一時を得ました。
2013/08/17(Sat) 10:01:45 | 日記

Re:蜻蛉(せいれい)の滝 at 吉野郡川上村

そうです。土倉庄三郎。銅像を見てきました。林業にかけた男ですね!!
guest(2013/08/23(Fri) 09:26:43)

Re:蜻蛉(せいれい)の滝 at 吉野郡川上村

吉野郡川上村といえば、土倉庄三郎です。最近一代記を読了したところです。 南北朝もよいですが、明治を生き抜いた強い男たちはかっこいいです。男がほれます。
今、林業の本ばっかり読んでいるので、ウェットな僧侶の話は後になりそうです・・・
guest(2013/08/19(Mon) 12:55:05)

Search

New Entries

Categories

Archives(510)

Link