薄墨の桜 in 岡崎

usunezu1.JPG

usunezu2.JPG

宇野千代さんの名作「薄墨の桜」でモデルとなった、その名の桜を、京都・岡崎のマンションの庭で見ることが出来ました。

岐阜県根尾村の老樹(樹齢千四百年)の実生から育った苗木を頂いて、岡崎の地で育て上げたとのこと。

残念ながら、6月の頃、薄墨色の花は見ることが出来ませんでしたが、それでも、この美しい樹形。

湿気の多い昨日でしたが、しばしの間、薄墨の桜を前に、宇野千代氏の世界にひたりました。

まさか、岡崎でこの桜にお目見えするとは想ってもいず、驚きました。


その昔、大スター長谷川一夫が定宿にしていた旅館だったという地をマンションに建て替えたものの、庭だけは残しているそうです。

他にも、鞍馬石の沓脱や庭石など、すばらしいしつらえでした。

来年の春には、薄墨色の桜の花見に行きたいです。
2010/06/23(Wed) 10:38:20 | 日記

Search

New Entries

Categories

Archives(510)

Link