由布院駅舎

yufuin_1.JPG

由布院といえば、やはり、駅舎でしょう。

かの、磯崎新氏による名作。

磯崎さんは、文章はとっても難し〜い事を書かれるんだけど、作品は、どことなく、優しくて愛らしくあります。

由布院の駅舎も、木製の外壁を使って、山間の温泉街にぴったりの優しさ・懐かしさがあります。
もちろん、それだけではなく、「ピン」と張ったプロポーションも持ち合わせています。

とにもかくにも。

風景にピッタリ。地元の方々に愛されている駅舎。

これだけで、名建築と呼べるのではないでしょうか。(比較として、京都駅)


楽しいのは、駅の中に、「アートホール」という、昔でいうところの「待合所」があるんです。

カフェのようなサービスもあるし、持ち込みで駅弁を食べてもよし。

電車を待つ時間を思い思いに過ごせます。

一番素晴らしいのは、「電車時刻のちょっと前に駅に着いても、なんだか楽しい」ところ。

自然、駅に、みんなが集うという仕掛け。


アートな街「由布院」の名の通り、この日も作品が展示されていました。

yufuin_2.JPG

大分大学の学生二人組の作品でした。

かわい〜!ステキでした。

湯布院 ニコドーナツ

niko_1.JPG

由布院のショップ調査で、「ニコドーナツ」に行きました。

湯布院サイダーとドーナツ(プレーンとミルキーを所望)セットを注文。

モチモチと弾力のある生地と表面の油とが、めちゃくちゃマッチして、おいしくいただきました。

今回の調査の目的は・・・。

ドーナツの試食・・・。

いやいや、それだけではなく・・・。

ニコド(地元ではそう呼ばれているそうです)のステキなお店作りです!!

アンティークのカウンターや建具、照明・・。

ラフでシンプルなお店の中に、所々にそういったものが配置されています。

シンプルに感じるのですが、ただのシンプルではありません!!

ドーナツ、もぐもぐ食べながら、ショップ調査団、探索してきました。

町家かりんとう 家具

amenbo_1.jpg

先日ご紹介した、引き出しブラリ。

このような町家ショップの家具につきます。

「町家のおくどさんの中にいるようなお店。」

「台所の戸棚をあけると、おやつがある・・・。」

こんなイメージのお店です。


伝統ある町家長屋の空間に、水屋をアレンジした陳列棚。


古さを強調させるだけでなく、新しい感覚も受け入れるような、京町家のあり方。

大分 由布院の風景

yufudake.JPG
ショップ調査に大分県由布院に行きました。
ちょうど、雨の上がった時で・・・。
季節がずいぶんと進んだ頃で、少し肌寒さを感じました。
雨上がりで、由布岳には雲がかかり、せっかくの二股の山頂は見えませんでしたが、ゆったりした温泉町で、

お湯良し、ひと良し、料理良し

の三拍子で楽しんできました。

現代風水屋の金物

amenbo_kanamono.JPG
町家を改装したかりんとう専門店の陳列棚は、昔のおくどさんにあったような水屋を現代風にアレンジしたもの。引き出しの金物は、京都の室金物さんにて調達。引き出しの前板は、現代風の作り方にしているので、取付可能な金物の種類は限られてきます。室金物のスタッフの方にも教えて頂き、ウラの留め具がビスのものを選びました。金物を選ぶのは、最終デザインに直結するので、結構緊張します!!

ブックカフェ さんさかさん

久しぶりに間之町御池のブックカフェ「さんさか」に行ってきました。
布のフィルターで入れる本格コーヒーを頂きました!

久しぶりにおいし〜いコーヒーを飲んでいると・・・。

めちゃくちゃコーヒー好きな母の顔がちらつきます。
「あんただけズルイ!!」
ごめんなさい。一緒に来ると約束して、はや一年が経ちます・・・。

「岡本さん!生きてたの??ブログの更新・・・?」
と、オーナーからも厳しい一言が。(というか、とてつもなくウレシイ一言!)

ありがたいことです。時には気にかけてくださって・・・。
ありがとうございます。

ーーーコレカラハ、ガンバリマスーーーー

コーヒーやコーヒーカップ、本のこと、気になるスイーツあれこれ・・・。
お話していると、時が経つのを忘れます。

またまたちらつく母の顔・・・。

好きなことに一生懸命で努力をされておられる方は、本当にステキです。
前向きな「気」のようなものが、こちらにも伝わってくるようです。
ブックカフェ「さんさか」は、そんな「気」が充満している、素晴らしい空間です。

旅カフェさん京都新聞に現る!!

tabicafe_shinbun.jpg
三条油小路角にある、旅Cafe&Diningおでかけ日和さんが京都新聞「お茶の時間にしませんか」コーナーに登場されました!旅の相談にものって頂きながら、旅気分満載のお料理がいただける、そんな一石二鳥(?)なオシャレなカフェです。カフェですけれど、創作料理のお店のようなバリエーションのお料理も魅力です。手がけたお店が、新聞に載ったり、がんばってられるのを見ると、とてもうれしく、励みになります!!三条油小路東南角、すぐにわかる、町家2階のお店です。tel:075-255-339911:30am〜地下鉄烏丸四条もしくは烏丸御池からのんびり歩いて10分くらいかな。京都情緒あふれる町並みの中にあります。

Search

New Entries

Categories

Archives(510)

Link