新風館 Zanetti(ザネッティ)

kakiuti2.JPG

日頃お世話になっているKさんの送別会で、新風館のカジュアルイタリアンのお店、「Zanetti(ザネッティ)」へ。

白と焦げ茶を基調にした、落ち着いた(半ばイタリアンとは思いにくい・・・)内装で、テーブル席もゆったりと、これまでの感謝の会になりました。

kakiuti3.JPG

最後のデザートは、店長やスタッフからの心づくしのデザート。

kakiuti1.JPG

お疲れ様の文字が、最後には涙をそそる、すばらしいお心遣い、そして、と〜っても美味しい、バタークリームのデザートでした。(ただのイチゴショートではなかった!!)

私からも、

「Kさん、お疲れ様でした!そして、ありがとう!」

三島由紀夫 豊饒の海〜春の雪、奔馬〜

houjyou1.bmp

明治〜昭和の文豪 読破シリーズ 第○弾!!(何度目か忘れました)

男っまえのこの人。三島由紀夫。

かねてから、大好きな作家の一人です。

大学時代に、彼の「音楽」という作品を読み、奥の深さ、人間の奥深い欲求の露呈の美しさ、云々を感じました!

ongaku.bmp

今回は、遺作となる、「豊饒の海」全4巻に挑戦です。

目下、春の雪〜奔馬を読破、暁の寺を読書中です。

輪廻転生をキーワードにした、一人の美しい少年の精神が生まれ変わっていくさまを描いた大作です。

奔馬の時は、「えっ、本当に転生してんの?」と、驚愕を持って読み進めましたが、暁の寺では、明らかに過去の自分の記憶を持っている少女が登場し、これからどういう風にその過去と組み合っていくのか、楽しみです。

なんといっても、三島文学、内容の展開はもちろんのこと、文体が、なんともなまめかしい。
普通のとこでも、なんか、なまめかしい。

そこが楽しくて、大好き♪

ミシマが好きな方は、「うん、うん」と頷いてくださるかしら?

夏目漱石とは また違った形の、完成された文体の中で、とろけるような時間を過ごす・・・。
贅沢ですよね。

京都市青少年科学センター おもしろいですよ!

kagaku1.JPG

京都市青少年科学センター、ご紹介します!!

京阪電車「藤森駅」から、徒歩5分のところにあります。

まるっこいドーム型の屋根を目印に行くと、間違いないです!

駐車場もあります。

木曜日休館日。

京都市内の小学生は、土日、祝日は、なんと、入館料&プロネタリウムが無料!!


私の幼少時代にはなかった、恐竜のリアルロボット(おしゃべりしたりします!)は、大人気の展示品です!!
(小さい子は、本当に号泣します!)

結構、間近に迫ってくる感じの、迫力満点の恐竜さんです。

kagaku3.JPG

うちの娘も小さい頃は、怖くて怖くて、科学センターに入れない位でした・・・。

なんと言っても、見所は、プロネタリウムです。
この日は、「超新星爆発」という、お星様の「最後」を特集した、少し難しい内容でした。

が、冬の夜空には、1等星や2等星がたくさんあります。
皆様ご存じの「オリオン座」をはじめ、こいぬ座、おおいぬ座、双子座・・・。

(京都市内の空では、なかなか満点の夜空を楽しむことは難しいですが・・・)

身近に科学の楽しさ、おもしろさを感じることが出来る、本当に良い施設です。

伏見人の誇りです。♪

kagaku4.JPG

他には、こんな鏡の不思議が楽しめる物や、地球の自転を感じるもの、磁石の不思議などなど。

科学に興味のある子もない子も、楽しく過ごせるところです。子供たちは大喜び!

おもしろ科学室では、ミサンガや、笛づくりなども体験できま〜す!!

※昨年の皆既日食の時には、長蛇の列で、入館するのに、2時間待ち!とかのすごい状況でした!!あんなに込んでいる科学センターは初めて見た!

中華そば ますたにのチャーシューメン

masutani1024-5.JPG

食べてきました。中華そば ますたにのチャーシューメン。
チャーシュー、ネギたっぷりの並で、750円。

女性には、並でもかなりの食べ応えがあります。

うちの娘さんは、ラーメンにワンタンのトッピング(¥50)とチョイス。
なかなか、やるや〜ん。(?)

背脂がたっぷりのっているにもかかわらずの「さっぱり」感。
こくのある醤油味が、なんともいえない、「味のぶれない自信」を感じさせてくれる、何度食べても新鮮!なラーメンでした!

メニューもかわいくて、しかも、見やすい!!
これには、うちの母親も喜んでおりました。

masutani1024-3.JPG

なんと、食後のデザートもあるんです!

それが、杏仁豆腐、キャラメルプリン、どちらも¥100

うれしいじゃないですか!!

やっぱり、私たち女子は、デザートに弱い!!

masutani1024-6.JPG

こくのあるラーメンを食した口にはもってこいの、超シンプルデザート!!
生クリームとか乗ってないのが、ホント最高!

なんだかんだ、一生懸命、必死で食べた感じで、お店を後にしました。

なんか、ますたにさんに行くと、必死で食べてしまうねんなぁ。

なんでだろ。やっぱり、おいしいからなんだろな。

masutani1024-7.JPG

中華そば ますたに 伏見店 オープン!

masutani1024-1.JPG

中華そば ますたにさんが、伏見でオープンされました!!

実は、昨日の23日(土)からオープンされています。

本日は、家族とともに、開店早々の時刻に行って参りました!!

masutani1024-2.JPG

お店の前には、奥様手描きの、すてきな黒板が!
なんとなく、うれしくなりますよね。こういう「手描き」もの♪
お昼には少し早い時間でしたが、お店は早々の繁盛ぶり♪

masutani1024-4.JPG

お店は、金曜日が定休日。
11:00〜21:00が営業時間です。

早い者勝ち〜って感じで、レジ前には、クッキーが置いてありました!!

ガーデニング 春の寄せ植え

hana0118-1.JPG

先日もご紹介した、わたくしの秘かな趣味。ガーデニング。
今回は、春らしいマーガレットと紫のビオラをアレンジした、白とパープルの寄せ植えです。

テラコッタの鉢に移植して、はや3週間。
ちょうど、根もはり元気に美しい花を咲かせてくれているころの写真です。

中央にある、ふわふわした草色の姿は、「エレモフィラ」。独特の色と形ですよね。
ホントは、もう少し背が高くなる予定でしたが・・・。

前列の両端は、紫のビオラ。その間にある、えんじ色の葉っぱは、「レッドマスタード」というアブラナ科の植物。葉っぱが小さくて、草姿もこじんまりして、かわいいですよね。ほかにも色々なアレンジのアクセントとして使えそうです。

中央は、「ネメシア」。小さな花がたくさんつくのと、淡いきれいな色なので、結構人気ですよね。

hana0118-2.JPG

毎日の手入れが楽しくなる、春の寄せ植えです!!

前回ご紹介した、「育てるリース」のビオラたちも、ますます元気です!!

伏見区総合庁舎

fushimiyakusho1.JPG

伏見総合庁舎が竣工し、昨年12月28日から開館されています。

区役所だけではなく、保健所や青少年活動センターなども入り、従来の区役所の敷地横に新築されました。

請負業者は、伏見に本社のある「藤井組」が、松田平田設計や高松伸建築設計事務所などとグループを組み、設計からの企画をしています。

伏見といえば、「酒蔵」!
そして、「酒」!「名水」!「高瀬川」!「琵琶湖疎水」!と、「水」にまつわること!

今回のデザインは、南浜美観地区のイメージにも沿った形で、酒蔵の「黒板塀」、「白壁」を取り入れた、黒白の落ち着いた外観です。
エントランスには、「水」を取り入れた、水路や水盤などが配置されています。

黒白の外観は、さすが総合庁舎、予算をふんだんに使っている!と行った感で、安物っぽい単調な黒白和モダンとは異なり、重厚感もあり、共感できます。4階建て、と中高層の域に入る建物ですが、おかげさまで圧迫感もなく、いい感じでデザインされています。

ただ・・・。水路はどうかな?とってつけた感じが否めません。さほど、デザインとして重きを置いていないのが、まるわかり。しかも、ちょっと、危ない。なくてもいいんじゃない??って感じです。


おもしろいのは、周囲の境界塀。

fushimiyakusho2.JPG

一般的なコンクリートなどではなく、板塀に白壁。上には丸瓦がのっています。
高さもそれほど高くなく、建物のデザインともマッチして、とても風情が感じられます。

設計の段階では、少し脇に置いた感じのある、境界塀ですが、きっちり設計するとこんなにも建物全体に良い影響を与えるものだ、と改めて実感しました。Good Design!


建物内には区民交流スペースなどもあり、これからの使い方が楽しみです。
ベーカリーカフェも入ってるんですよ♪

中華そば ますたに 初期イメージ

masutani_image.jpg

中華そば ますたにさんの初期イメージ。

??ほぼ、イメージ通りでしょうか??

中華そば ますたに 伏見店 近日オープン!

masutani0118-1.jpg

皆様お待ちかねの、北白川の名店「中華そば ますたに」さんが、伏見桃山の大手筋商店街近くで、近日オープンされます!!

目下、厨房で最終調整に入られています。

そんな、お忙しい最中を、オカモト特派員がお邪魔してきましたぁ〜♪
(ホント、お忙しそうで・・・。写真撮影のご協力、ありがとうございました!!)

伏見の酒蔵、煉瓦造りの煙突をイメージした、アンティーク煉瓦の壁が印象的な、明るくて親しみやすい店内です♪

明るい色に仕上げた、パインの羽目板もとっても優しい感じにはまっています。
ますたにラーメンといえば!!の赤いカウンターも健在です♪

masutani0118-2.jpg

所々に観葉植物の緑もあって、女性にも入りやすい内装デザインにしています!

おしゃれで明るい、だけど本格派!!なラーメンが伏見でいただけるのも、もう間近です♪

京都国立博物館 THE ハプスブルグ展

hakubutukan3.JPG

京都東山七条にある、京都国立博物館にて、今月6日(水)から3月14日(日)まで開催されている「THE ハプスブルグ」展に行ってきました!

国立博物館は、実はかなり好きです。

hakubutukan1.JPG

片山東熊博士の設計によるフレンチ・ルネサンス建築様式の陳列館(本館)は、赤レンガの壁面と、銅葺きの屋根が軽快に続く、歴史ある建物。

片山東熊博士は、赤坂離宮も設計されている、明治時代の「三大建築家(辰野金吾・片山東熊・妻木頼黄の三博士)」のうちのひとりです。東京大学建築工学部の第一期生、宮内省の宮廷建築家。華々しいです。

京都博物館は、明治22年の官制により、東京(帝国博物館)、奈良(帝国奈良博物館)とともに、定められています。

谷口吉生氏による、改修工事もすばらしいです。(当初描いておられた計画とは規模縮小のようですが)
明治時代に「時代先取り」として設計され、時が経ち、「歴史ある建物」として親しまれるようになった、本館のに対して、スロープや、エントランス、カフェなど、無機質的なスチールとガラスの物体を挿入することにより、威風堂々としたレンガ造の建築を、「時代先取り」の建築として再度存在させることに成功されています。

hakubutukan2.JPG

ハプスブルグ展もすばらしかった。

エリザベートのおっき〜い肖像がが展示されています!!
■フランツ・クサファー・ヴィンターハルター《オーストリア皇妃エリザベート》
1865年 油彩、 カンヴァス

他にも、600年続くハプスブルグの栄華が余すことなく堪能できる、見ごたえたっぷりの展覧会でした!!

http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html

モモ〜じかんどろぼう

momo.bmp

いやはや、読書の方向が、ホント、てんでバラバラで、すみません・・・。

少し前に、文豪:夏目漱石にはまり、坊ちゃん〜我が輩は猫である〜行人〜明暗まで、読みふけりました。明治初期の日本人に会うのが楽しい日々が続きました♪

その後は、児童文学の書棚に戻りまして。

ミヒャエル・エンデの名作「モモ」を2度目の読破。(読破というほど、量的にはないんですが)

知っての通り、エンデは、児童文学の巨匠!!

「はてしない物語〜ネバーエンディングストーリー」で有名ですが、この「モモ」は、簡潔に美しい文体で、内容満載!!で綴られています。

児童文学!!本当に、「ストーリー勝負」です。
人物の細やかな内情や、とめどめのない日本語でごまかしたりしていません!!

ストーリーと展開。登場人物の個性。

本気でわくわくします!

ドキドキします。

さすがに、モモは、2度目といいながらも

楽しかった〜☆

●「モ モ」●
副題:「時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた 女の子のふしぎなものがたり」
ミヒャエル・エンデ作・絵(なんと、素敵な挿絵もエンデなんです!) 
訳:大島かおり
岩波書店

●ストーリー●
モモという不思議な女の子が円形競技場のような跡地に一人で住むようになります。
くしゃくしゃな頭の小さな女の子。

その子が来てから、町のみんなは、なんだか楽しくなってきます。
モモがいなくては、生きていけないような気がしてきます。

モモのところへ行くと、大人も子供も素直な気持ちになって、楽しむことができる。
モモは、ず〜っと聞いてくれる。聞き上手なのですね。

突然、町に灰色の男達がやってきて、大人から契約だといって時間をとりあげていく。
誰もがせかせかしし、金もうけだけを考えるようになります。

モモは時間を司るマイスター・ホラーに会いに行き、ホラーの指図で人間に時間を取り戻すことに成功します。

時間を一刻一刻と数え、時間を無駄にするな、と言っているのはどこの誰なのか。
時間=コスト、時間をお金と結び付けて考える習慣を作ったのは、誰なのか。


優しい言葉で綴られた、モモのファンタジーアドベンチャー。
マイスターホラのくだりで、少し情景が想像しづらい時計の部屋や、カシオペアの甲羅に光る文字などは、エンデの素敵な挿絵で楽しめちゃいます♪

私的には、モモが住み着いてから、町の人々がモモを頼りにしてくところの文章が大好きです。

つらつら書きましたが、小学生時分に読んだことのある方も、ない方も、もう一度読んでみてください!!
物語のおもしろさと、「時間」について、「存在」について、もう一度考えることの出来る、すばらしい名作です!!

旅Cafe&Dining おでかけ日和 ご紹介ページ

tabicafe3.JPG

旅Cafe&Dining おでかけ日和さんが、1・2月号の「news」というフリーペーパーにご紹介されています。

「news」さんのホームページでもご紹介ページがありました♪

http://newshop.jp/new/shopdata.php?key=1477

新しくオープンされたお店を独自の目線でチョイスされている、主要駅などで配布されている情報誌です。

また、13日には、KBS京都「ただいま勤務中!森谷威夫のお世話になります!」に生出演されたようです♪(私は聞けなかったんですが・・・)

ご活躍されていますよね♪これからも持ち前のパワーとアイデアで、どんどんがんばってください!!

旅Cafe&Dining おでかけ日和

tabicafe2.JPG
tabicafe1.JPG

京都 三条油小路にある、町家を改装したカフェ&ダイニング。

江戸時代からほぼ現存の形で残る町家の雰囲気をそのままに、おしゃれにおいしいものを楽しめるお店です♪

三条通りを見下ろす窓際のテーブルは、ほっこり京都を満喫できるロケーションです。

おもしろいのは、このカフェで旅行の手配やオリジナルな旅行パックの相談、段取りなどが出来ること。
お友達と食事をしながら、旅の手配も出来ちゃうんです!

■場所:京都市中京区三条油小路東南角

■電話:075−255−3399

■営業時間:11:30〜22:00
      (金・土・休前日:11:30〜22:30)

■定休日:日曜日・年末年始

■交通:地下鉄烏丸線「四条」「烏丸御池」駅から徒歩10分
    地下鉄東西線「二条城前」駅から徒歩8分

■URL:http://www.eonet.ne.jp/~tabicafe/
※楽しい店長ブログ、おすすめです♪

猫カフェ まるまり

nekocafe1.JPG

nekocafe2.JPG

京都 修学院にある、猫のいる癒しの空間「猫カフェ まるまり」で、ほっこり、くつろぎのひとときを過ごしてみませんか。

高野川を眺める大きな窓からは、時折バンビも見られるそう!!

モノトーンのシックでおしゃれな空間で、可愛らしい猫ちゃんたちと戯れられるスペースです。

■場所: 京都市 左京区 山端川岸町2−7

■電話:075−708−8840

■営業時間:11:00〜21:00 木曜日定休

■交通:叡山電鉄 修学院駅〜 歩6分
    地下鉄「北山駅」「松ヶ崎駅」〜市バス北8「松ヶ崎橋」下車〜 歩7分
    市バス 5 31 65 修学院道下車〜 歩10分
                修学院離宮下車〜 歩4分
    京都バス 大原方面行き 平八前下車〜 歩1分
         17 18  宝が池下車〜 歩5分

■URL:http://www.geocities.jp/neko_marumari/

■メール:neko.marumari@sound.ocn.ne.jp

さんさか カフェ 中京区御池間之町

sansaka0112-2.JPG
sansaka0112-1.JPG

烏丸間之町上がったところにある、隠れ家的ブックカフェ。

ゆったりした時間と、本気でおいしいコーヒーを楽しめること間違いなし!

本棚に並ぶ、本を見ながら、ホンモノを味わってください!

自家製のチキンカレーやチーズケーキ、その他ケーキ各種も美味!

本棚に並んだアルパカの置物もチェック!!


●場所:京都市中京区間之町通り御池上ル高田町500ポポラーレ御池 1F

●電話:075-241-2710

●交通:京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅徒歩3分

●営業時間:9:00〜18:00

●定休日:木曜日

サンナチュレ カイロプラクティック京都御所

sunnature1.JPG

地下鉄「丸太町」駅下車、すぐにある、カイロプラクティックのお店。府庁前です。

完全個室ブースで安心・快適。骨盤のゆがみ、肩こり、各種関節痛の方に最適!

明るい二人の先生が、楽しく施術してくださります。

楽しいブログもチェック!!

sunnature2.JPG

●場所:京都市上京区丸太町通新町東入ル カーサDE古都2階

●電話:075−241−9780(完全予約制)

●時間:9:30−21:30(最終予約 20:30)

○地下鉄「丸太町」2番出口から徒歩3分

○市バス「府庁前」すぐ

※完全予約制なので、一度、ご連絡してください。

URL:http://www.geocities.jp/sunnaturechiro/index.html

親子2世帯 近居のすすめ

少し前の記事ですが、昨年の年末に気になる記事を見つけました。

sinbun003.jpg

読売新聞 H21年12月22日の朝刊です。

同居でもなく、離れすぎてもいない・・・。まさにスープの冷めぬ距離。

若い家族とその親とが、ほどよい距離感で暮らしていく「近居」が注目されているようです。

働く女性やなどは、親の助けがあると、本当にありがたいですよね。親の支えがあってこそ、仕事に身が入ります!!ありがとう、お父様!お母様!

逆に、年を重ねていくにつれ、親の体も気になってきます。そんなとき、近くに住んでいて、助け合って暮らせたり、困ったときにすぐに駆けつけられたりすると、安心です。

適度に距離感があることで、いつも新鮮で、束縛されていない時間もあるような「気」もします。お互いにね!

それにともなって、「住まい」の形もすこしづつ変わってきているようです。

sinbun003-2.jpg

2世帯でもなく、しかし、集合すると2世帯3世帯になる・・・。
普段は、両親二人や、親子だけのスペース。

変形自在な空間。

エコも提唱されている現在、生活スペースを時々に応じて区切ることができるフスマや引き違い扉などが見直されています。

光熱エネルギーの縮小が可能な間仕切り。

可変する空間。

まさに、日本古来の「田の字プラン」のことではないでしょうか?(ちょっと飛躍しすぎ?)

ですが、「台所仕事をしているときは、台所だけ」、「リビングに一人の時は、6畳程度だけ」、そんな、区分された空間だけの暖房や冷房だったら、結構快適に、エコに暮らせそうな気がしませんか?

んでもって、畳のお部屋だったら、何人でも座れたりできます。赤ちゃんだってネンネできます!!

みなさまも、リフォームで、快適にエコな暮らし方をしませんか??

女性目線のライブスコープデザインは、

「空間は広く感じたい!」
「地球環境は守りたい!」
「快適に暮らしたい!」
「生活を楽しみたい!」
「キッチンはすてきな空間にしたい!」


なんていう、わがままなお悩みにお応えします!

この記事が気になる!かた、ご連絡お待ちしていま〜す♪

簡単おいしい田作りの作り方・レシピ



突然ですが、今更ですが・・・。

簡単おいしい田作りの作り方、ご紹介しちゃいます♪

今年のおせちでも、なかなかの人気ぶりでした♪

電子レンジを利用して、簡単!おいしい!カルシウムたっぷり!

お正月以外でも是非、おやつやおつまみにどうぞ!!

1.レンジの皿に直接クッキングペーパーをひき、田作り用のごまめを重ならないように並べる。500wレンジで約3分ほど加熱。水気を飛ばします。
tadukuri1.JPG

2.耐熱皿などに、調味料(みりん、しょうゆ各60cc程度。砂糖おおさじ3杯ほど)を入れて混ぜ合わせ、500wレンジで約3分半〜4分程度加熱する。砂糖がぶくぶくしかかっている感じになっていればOK。ぶくぶくなりすぎるとNG。
tadukuri2.JPG

3.2の皿に1のごまめを入れて混ぜる。冷めてくるとネバネバになってきます。ごまをいれてもおいしい。もうできあがり♪
tadukuri3.JPG

4.我が家のおせちに盛りつけた例。
tadukuri4.JPG

まあ、本当に簡単!適当!

はっきり言って、毎年味が変わります!でも、おいしい!!
上のレシピは、だいたい ごまめ50gに 対してです。

今年は張り切って、150g入りのお徳用で作って、実家、姉、我が家の3宅で、すっかり完食!

どちらかというと、甘くておいしい、子供がいるおうち向けかな?

新年あけましておめでとうございます!

tora.jpg

2010年、おめでとうございます。

昨年一年は、皆様にささえられ、あっという間に過ぎ去りました。
本年も、変わらずご厚情賜りますよう、よろしくお願いいたします。

一年、一年。

昨年は、たくさんの出会いがあり・・・。発見があり・・・。すてきな一年でした。

本年も。きっと、予想だにしない出会いや驚き、感動が待ち受けているものと確信して。

新しい気持ちで、また、新しいこと。

始めていきたいと思います!!

本年も、温かいご支援をよろしくお願いします。

ブログからで失礼ながら・・・・。

A HAPPY NEW YEAR!

Search

New Entries

Categories

Archives(509)

Link