高槻の菊

takatuki1.JPG
takatuki2.JPG

高槻市役所に行きました。市内での建築確認申請の事前協議です。

途中、市役所の前に、菊の大展示会がありました。

なんか、庶民的な市役所やな〜と思っていました。
よく考えると、高槻市には、「区」がありません。

住民票や、登記簿なども、この市役所に取りにくるようです。

京都市でいうところの、「区役所」的な役割も担ってるんですね。

結構、立派な、近代的なビルなんですけどね!!

カフェさんさか リーフに登場!

sansaka.jpg

烏丸御池、ミツハシの東にある、「カフェさんさか」さんが、今月号(12月号)のリーフで紹介されています!!

さすが、こだわりのコーヒーとメニューのラインナップ。んでもって、居心地の良いブックカフェですもの。

これからのご活躍、お祈りしていま〜す!!

ご一緒させて頂いたお店が頑張っておらると、本当にうれしくなります。
ご亭主と一緒に、棚の高さや配置をこだわった空間ですものね。
励みにもなります。

う〜ん、久しぶりにさんさかのコーヒーが飲みたくなった!紹介されているカレーも!!

今度のお昼はさんさかにいくぞぉ〜!

旅カフェ 中継・・・大入りです

tabicafe1027-2.JPG
tabicafe1027-1.JPG

旅カフェ、今日の現場。

職人さん達、大入り満員状態です!

1階に2階に、厨房に、玄関に、トイレに・・・。

本当にいっぱい。

というか、今月末には、厨房機器の納品があるので、ちょっと焦っています。
(焦っても、仕事はマイペース♪手抜きはありません)

私的には、出来てきました。雰囲気、出てきました。(傍目には、そうではないと思う・・・)

良い感じです。ムフフ。

町屋でランチ♪

tamaki1.JPG

tamaki2.JPG

烏丸御池に行った帰りに、今日は・・・ランチ♪

人気の「町屋でフレンチ」をいたしましたで〜す!

町屋をほぼそのままお使いの「和のフレンチ たま妓」さん。

日頃お世話になっているIさんと。

神無月の京町屋コースをごちそうになりました。

お昼の優雅なひとときをありがと〜!!

写真は、霧島豚フィレのグリエ(上)とお野菜たっぷりのオードブル(下)です。
他にも、おなかに優しいランナップでした。

写真には無いけど、大根のポタージュが絶品。
トライしたくなるメニューでした。

(※実は、先日、サトイモのポタージュ作って好評だったもんで・・・)


☆和のフレンチ たま妓
 両替町二条下ル 
 お昼のコースは2つ。
 少し「スペシャルデー」にお勧めです。

古建具・・・買い付け

igawa1.JPG
古建具の買い付けに、夷川の井川建具店へ。

店からあふれんばかりの古建具のディスプレイで有名ですが、やはり・・・。

たくさんあって、悩みました。

近所にある大倉庫まで押しかけて・・・。

親切にして頂き、ようやく、決定!!

無双窓(内側と外側に同じ形の連子(れんじ)の引き戸を入れ、動かすことで一定間隔の隙間ができたり、閉まったりする窓)のある、古色の建具に決定!!大満足です。

ありがとうございました。

お店の一角で・・・

igawa2.JPG

井戸のつるべを発見。

最近では、なかなかお目にかかりません。

ちなみに・・・。売り物ではありません!!

上野天神祭

oni-2.JPG
三重県伊賀上野市の「天神祭」に行ってきました!
これは、祭りの花形「ひょろつき鬼」です。

噂には聞いていましたが、本当にリアルで、結構コワイ。

oni-3.JPG

こんな風に、逃げている子供がいる家の窓から中に入ってくるんです!!

4歳になる、おいっこは、叫ぶ叫ぶ。泣く泣く。

でも、鬼はやめない。

これが、「大人の男」になる儀式だそうです。

こうやって、「鬼」に勝つ「男」になっていくそうな。

スゴイ祭りです。でも、大人の私達には、楽しい!!本当に楽しい祭り!!

祇園祭りのような、山車も出るんです。

oni-4.JPG

少し小振りですが、町内毎に出るので、数は多いです。装飾も、きれいで、目の前にみれるので、祇園サンよりは、親しみあるかも。

かわいい紙風船が、通りの軒につられてました。

oni-1.JPG

町の方々が、自分たちの町を守る意味を込めて、受け継がれている、すばらしいお祭りでした!

伏見に「北白川らーめんますたに」が!!

masutani1023.JPG

伏見の大手筋商店街に北白川の老舗「中華そば ますたに」さんが!!

店舗改装の工事が始まりました!!

といっても、ようやく解体が終わったところ。

全体が、どうなるのか・・・。

乞うご期待!

では、また明日!

旅カフェ・・・厨房打合せ(腰痛)

tabikafe1020.JPG

旅カフェの現場中継です。

本日、厨房の打合せを致しました。
厨房機器は、ホシザキ京阪の伏見営業所様にお願いすることになりました。

設計当初からご尽力頂き、ありがとうございます!!

厨房は、やはり、飲食店のカナメ。
作業導線が、効率につながります。

今回は、2階がメインの客席、1階厨房。というレイアウト。

料理出しのタイミングやスタッフ同士の連絡など、課題はいろいろ。

細かなところの調整が必要です。


・・・腰痛になってる場合じゃないっちゅうの!!

御香宮のまつり

maturi1011-2.JPG
maturi1011.JPG

氏神様である、御香宮の秋祭りに行きました。
おいしい水が出る、と評判の安産の宮。

秋祭りは、写真でもわかるように、結構派手で盛り上がります。
こんな御輿が、3基も境内に上がります。プラス獅子舞も。

今年は、境内の入り口の石段付近に陣取りました!そんでもっての、この迫力。

これ以外にも、町内でも小さな御輿があります。

今年は、THE「年女」!
ということもあり、張り切って、「よぉ〜し、見とれぇ〜」と、担ぎました!!

その結果・・・。大きな声では言えませんが、腰痛です・・・。
スミマセン、皆々様。ご迷惑をお掛けてしております。

整体に通う日々です・・・。

年女。あんまり無理が利かない年になったってことかぁ〜?



まだまだ。
36歳。奮闘は続きます。

虹が出ました!

niji1009.JPG

久しぶりに大きな虹を見ました。
台風明けの気持ちいい午後。

こんな半円形の虹、珍しくないですか??
疎水にかかった橋の上からの一枚。
ひそかに、ここは虹のスポットでもあります。

事務所近所の一枚です。

洗面所もおそろいに!

hieidaira1006-2.JPG

比叡平カフェバーの洗面所です。

お気に入りの「赤」を洗面所のカウンターにもオソロで施しました。

これも、インパクト大!の洗面所です。

一度、ここで手を洗ったり、鏡を覗いたりすると、やみつきに・・・。

訪れた方の印象に残るような、そんな洗面所にしたいと考えました。

皆様の洗面所はいかがですか??

ギブソンレッドのカウンター

hieidaira1006.JPG

比叡平のカフェバーのカウンターです。
目の覚めるような「赤」が、空間のアクセントになっています。本当に、うつらうつらしている方も、「はっ!!」と起き上がるような、赤色です。

カウンターの色って、本当に大切です。
空間があって、カウンターがあると、不思議と人はカウンターに集まります。

丘にある一本の樹のような役目があるんです。
そこに、人が集まり、会話が生まれ、コミュニティが出来る。

そんな役目をカウンターは持っています。

なので・・・。カウンターの色や素材は、とっても重要です。そこに集まる人は、そのカウンターを意識的にも無意識的にも、感性に入れていきます。

今回は、情熱的で個性感あふれる「赤」。自己主張バッチリです。

このカウンターに集まり、楽しいひとときを一緒に集う方々の、何かしらのお役に立てますように。

今日は、降りましたねえ。どしゃぶり。
久しぶりじゃないですか?こんなどしゃぶりの雨。

雨の中、車を降りたり、乗ったり・・・。

車のドアを半分開けながら、傘をさしたり、しぼめたり・・・。

そうこうしているうちに、半ドアから雨がしたたってきて・・・。

あぁ、シートが濡れる・・・。

ドアを「バシャン!!」思いっきり閉めました。

「ぐしゃ」

鈍重な音と共に、長年連れ添った、水玉の傘の骨が折れました。

ある、雨の日の、傘の悲劇。

あ〜ん(涙)。ゴメン、傘さん。

猫の目線

nekocafe1002.JPG

猫ちゃんの目線の一枚。

椅子の脚って大きいな。ピカピカ光って、なんだろ。

奥に見える鴨川岸には、早朝、バンビが出現するらしい。

ひょっとして、子鹿も猫ちゃんに会いに来てるのかも。

修学院 猫カフェ「まるまり」では、京都・鴨川の自然にも戯れることが出来ます。
ガラス屋根のサンルームが、気持ちよく感じる季節になってきました!!

江戸時代!!

tabicafe1001.JPG

天井も解体終わり、大胆な天井組が現れてきた現場。
空間がひろ〜く、「カフェ」っぽく生まれ変わってきました。
天井を落とすだけで、すごいですね。構造体のチカラ。小屋組のソンザイカン。

なんと。江戸は末期の幕末。安政時代には、すでに存在していた建物なんです。この建物。
安政時代・・・っていうと、かの有名な吉田松陰さんと井伊直弼さんの時代ですよ。井伊直弼さんの圧政時代。

と考えると・・・ゆうに150年は生きているんですよね。

江戸幕末〜明治(開国)〜大正(帝国時代)〜昭和〜平成・・・
そんでもって、今年、「旅カフェ」として、新たな歴史を刻み始めるこの建築物。

なんてタフ。柔軟。
こうやって、改装工事を行っていると、その建物の歴史を感じます。
いつの時代もこうやって、柔軟に時代の雰囲気に合わせて、用途を変え、形態を変え、生きてきたんだろうな。

これからも、どんどん どん欲に、時代の波に乗っていって欲しいです。

誕生日

raak10.01.jpg

今日は、姉の誕生日!!

日頃お世話になっているねえちゃんに、プレゼントを買って帰宅しました!
(今日は自分の誕生日!という理由だけで、子供引き連れて実家に帰っている・・・)

旅カフェさんの現場帰りに丁度いい、RAAK(永楽屋)さんへ。
汗かきの姉様には、ガーゼてぬぐいを贈呈しました!!

この柄、「乱菊」っていう名前がついているんだけど、いつ見てもきれい。大好きな柄です。ダイナミックで大人っぽくて。

Search

New Entries

Categories

Archives(509)

Link