安部龍太郎「等伯」

hasegawatohaku.jpg

久方ぶりの読書感想文です^^

私の読書好みを良くご存じのお世話になっている方が、安部龍太郎著「等伯」上下巻を貸して下さいました。

京都にまつわる、秀吉〜家康に好まれた襖絵師「長谷川等伯」の半生をつづった傑作です。

実は・・・、最後まで読み切っていません。最後数ページを残したままです。
というのも、これを読み切ってしまうと、ひょっとしたら等伯が亡くなるのではないか、とか、等伯とお別れしてしまうことになるのではないか、等と考えてしまって、寂しくなって、読み切ってしまえないのです・・・。(何とも情けないですが)


それほどに、素晴らしい豊かな世界に引き込んでくれる作品でした。(読み切っていないのでまだ過去形にはできませんがっ!!!)


石川・能登に生まれた長谷川信春(等伯)。武家の出身ながら、絵の才能と次男坊だったこともあり、絵仏師・染め物師の長谷川家に養子に出されます。その辺りから物語は始まります。

壮絶な半生。狩野派をもしのぐ勢いを見せた長谷川派 当主。武家の出身であるがための苦悩と情熱。

さぞや、ドラマチックで大胆な小説・・・、と思いきや、静かで淡々として、感情の起伏にまかせた記述など殆どなく・・・。物語がドラマチックに展開すればするほど、物語の口調は淡々と静かになっていく感じがします。
抑えられた、計算されつくした日本語の文章。

出身地の能登半島の松林の情景がそのまま文体となっているような、静かで美しい日本語の固まりのような小説でした。

その静かな美しさが、逆に信春(等伯)の熱い情熱を引き立たせているようです。
読み進めていくうちに、白い襖(文体)に、赤い信春(物語)を描いていっているような、本当にきれいな小説でした。

生涯を現役でひたすらに絵画への情熱を煮えたぎらせた等伯。決して妥協は許さず、自身の感性に正直でまっすぐに自分へ向かった芸術家。
当時は、権力者へのお抱え的な絵師が多かったのではないかと推測するにあたっても、等伯の異質性、技術ではなく「芸術」へ向かった思考は激しく情熱的です。

私自身への問いかけでもあるかのような生涯に、等伯に終わりが来て欲しくない、いつまでも突き進んでいて欲しい、そんな思いにさせてくれました。


秋、京都にはたくさんの等伯作品があります。由来を知り、その生涯を垣間見ながら作品を鑑賞出来ることに喜びと感謝をしております。

太陽の子_夏休みの読書

taiyonoko.jpg


夏休みの読書感想文の宿題で、課題図書になることが多いこの「太陽の子」。灰谷健次郎さんの名著です。

読書好き、活字好きを装っておきながら、実は・・・。読んだことがありませんでした。


何となく、地域性を前面に押し出したイメージとか、「課題図書」というオカタイイメージとかが、ひねくれモンとしては 今まで避けてきた原因かもしれません・・・。(どちらかというと、方言の小説などは苦手なんです)


この夏、何故か「太陽の子」を手にする機会に恵まれ、今までのひねくれモンからの卒業の意味も込めて、読み始めました。




確かに、全編、関西弁(神戸なまり?)と沖縄言葉がちりばめられて、地方色は満載!やっぱりな〜〜、なんて読んでいると、そこから、オオマチガイ!!!

その方言、地方色こそ、読み終わったときの、何とも言えない気持ちの「やり場」だったりするんです。

有名なこの本。
先の戦争中の沖縄でのこと、戦後のこと。地方の就職難。人間の優しさと悲しみなど、いろんな出来事、ことがらを、「てだのふあ おきなわ亭」という沖縄料理の店や主人公「ふうちゃん」を通して描かれています。
いろんなことがクロスして、時間を超えたり、空間を越えたりして、繰り広げられています。


そんな中での「核」的なものが、この「方言・地方色」なんじゃないかな。そう思うと、この小説に、方言や沖縄言葉がたくさん散りばめられていることに感動しました。
もし、この「地域性」がなければ、私たちは、「てだのふあ おきなわ亭」と「ふうちゃん」の、ただの傍観者でしかいられない・・・。小説を読み進めながら、神戸を感じ、おきなわ料理の味を感じ、沖縄の遊びで遊ぶ、そんな体験を出来るから、この小説は、「自分のこと・自分の生き方に置き換えて考えてしまう」ということを読者にさせてしまうんだと思う・・・。


これって、小学生の「課題図書」なん??正直、そう思っちゃいました。難しくないの??


いろんな言葉、いろんな出来事、いろんな人物・・・・。

ひとつひとつ丁寧に描かれたこの小説。


私は、40代として、読みました。

小学生は、小学6年の「ふうちゃん」と同じ目線で読むんだろうな。

ハイティーンは、キヨシ少年のふりをして読んで、20代は、ギッチョンチョンになりきって。

たぶん、50代は、ロクさんに同感して。

60代は、おじやんの気持ちになって。



何歳になっても、迷ったり、自信がなくなったり、悲しんだりしたときに、いつも手にとって読み返したい。

そして、自分も「てだのふあ おきなわ亭」の常連として、ニコニコ笑いながら座っていたい。座っていられる人物でありたい。


ひょんなところからの読書が、この夏の一番の思い出になりそうです^^。

黒岩重吾さんの弓削 道鏡

dokyo_1.jpg

黒岩重吾著 「弓削道鏡 上下」。

弓削道鏡の話題を、このブログで展開しても良いのだろうか・・・、と若干数秒悩みましたが、もともとこの「読書」のカテゴリー、たいがいな事を書き連ねているので今さら何を悩む事が・・・。という即座な判断で、目下読み進めている、世間では悪名高いとされている「弓削道鏡」を書くことに。

もともと、弓削道鏡の本を読もう、と思ったのには理由があります。

1)天平時代の木簡が発掘されて、当時にもパワハラがあって失敗した同僚によってたかっていたという記事を新聞で読み、天平時代に興味があったこと。

2)元来、歴史小説好きなこと。そして、この時代の小説について読んだ事がなかったことに改めて気付いたこと。

3)悪名高いことに興味があったこと。

4)古本カフェ(今は古カフェ)全適堂さんにあったこと

大体、この4つの理由があります。大きな理由は、4)です。

店主に、「道鏡・・・、ねぇ〜」なんて訝しく思われながら購入した上下巻。ホンマに世間の噂通りなん?と思いながら、今は下巻の途中です。


いやはや、世間の噂は鵜呑みにしてはいけない。というか、黒岩重吾さんの道鏡は、おもしろい。
全然いやらしくないです。どちらかというと、純愛??修行??精進??です。

当時の生活の様子も楽しく描かれていますし、現在の生活では失われてしまった「呪術」「占い」「法力」など、精神世界の浮遊を感じることが出来ます。


日本に住んでいながら、なかなかこの時代について親近感をわかずにここまで来ました。

今年は、「平安京以前の日本、再発見!」の年にしたいと思いました。黒岩重吾さんの著書にはもうしばらくお世話になろうと思います。



ちなみに、昨年は「北方謙三・中国への旅!」の年でした。北方謙三版 三国志、水滸伝、楊家将、血涙・・・。
三国志は、吉川英治さんのものとは、全然違う書き方で、いろいろあると思いますが、北方版の三国志は衝撃的でした。

朗読会 at 全適堂

rodokukai.JPG

古本カフェ 全適堂さんにての朗読会に参加してきました。

朗読会・・・。初めての参加です。

活字というのものが好きな種族の私なのですが、それほど体系立てて読書をしているわけではなく、殆ど気まぐれでその時の気分で読みたい本をむさぼっている・・・、ようなものです。
こんな私が朗読会なんて知的な会に・・・。

と思っていたのですが、全適堂のご主人のご厚意に甘え、初参加!!して参りました。

5分ほどの読み物で、テーマは「聴く」。

テーマが「動詞」ということもあり、「聞く」ではなく、「聴く」ということもあり、かなり悩みました。

選んだ物は、「小川未明」さんの「森の暗き夜」からの一節。

これは、ちくま文庫 東雅夫氏による編集の「文豪怪談傑作集 幽霊船」に納められています。

内容は、わりと毒々しいストーリーなのですが、未明さんの美しい日本語のフレーズと、「女」の感情の変化を、四季の移り変わりによる抑揚の表現に例えられているような感じで、まとめらているので、それほど違和感なく読み進められます。(と感じるのは、私だけでしょうか?)

朗読したのは、その中でも、「春」を感じさせる一節。様々なものが芽生える。「女」の感情も息吹く。
今まで感じなかったものに、目が、耳が、心が 関心を持つようになる。見えなかった風の色。聞こえなかった泉の音・・・。

という所に、今回のテーマ「聴く」をあわせたつもりなのですが・・・。


参加者は4人。

他には、

黒川美富子氏 著 「遠い声、近い声」から

五味康祐氏 著 「いい音 いい音楽」から

土門拳氏 著 「風貌」から

音楽や、目で聴くこと、写真を撮るために聴くこと・・・。といった朗読がありました。


この年になり、誰かに本を読んでもらう・・・、なんて贅沢なことは、なかなか無いです。

朗読を聴く時間が、本当にどきどきわくわくの素敵な時間でした。そして、そのテーマの考え方を聞き、捉まえ方を考え、意見を交換する・・・。

寒さ厳しい夕暮れでしたが、ココロは「ホット」になりました。

全適堂のご主人、参加者の方々、ありがとうございました。

詳しい内容は全適堂さんのブログへ

http://zentekidocafe.on.omisenomikata.jp/diary/394739

Search

New Entries

Categories

Archives(509)

Link